三日坊主。

dorio.exblog.jp

ドリ男@隠居中。友と語れ、友とぶつかれ。

SATA→SSD化開始。

c0039153_1224455.jpg
 綾瀬市上空。
US-1A

c0039153_1224824.jpg
S-70。


c0039153_122525.jpg
お向かいの家のベランダの向こうに明るい光。

c0039153_1225654.jpg
今宵も月明かりが眩しい。(☆-☆)


さてさて、メインPCの復旧が終わったというか、1TB分のデータが消失して終わったというか...。 (T△T)  HDDが飛びそうになったときはスキャンディスク厳禁だそうです。
ハー ドディスク(HDD)の不調に気が付いた時 まずやること/自分で出来ること/やってはい けないこと
3. ス キャンディスクやデフラグは危険です(絶対にかけないでください)。
   障害が発生しているHDDのデータ を壊します。
東芝 DT01ACA200はアクセスどころかBIOSでも認識しなくなってしまったので、万事休す。諦めて9ヶ月前に換装したときのHDP725050GLA360 1TBとバックアップしていたデータを組み合わせて、データの半分は復旧させました。

で、困ったことに、こないだ換装したばかりの東芝 DT01ACA200の1基でI/Oエラーが出たり、嫌な「カコン」音が出るんですよね...。 ヽ( ´ー`)丿  ケーブルやSATAコントローラーを疑ってみて、とりあえずM/BのIntel 6.0Gb/sポートからHDDを外し、Intel 3.0GB/sポートに挿し替えました。症状は軽減されましたが、まだ負荷をかけると「カコン」音が...。ヽ( ´ー`)丿ヽ( ´ー`)丿  これは他に原因がありそう。ケーブルは交換していないのでそれを疑うのと、もしかしたら電力が足りていないかも。モニタで+12Vはしっかり12V出ていますが、電源の劣化などで負荷がかかると電力不足に陥るとか...とりあえず、様子を見つつ、500GB×2基のHDDにバックアップします。幸いSATA-USB 3.0変換ケーブル【USB-CVIDE3】のおかげで、筐体を開けずにUSB 3.0接続でSATA HDDにバックアップできるはずなので。


とまぁ若干不安を抱え続けているメインPCですが、いちおう使える状態なので、モバイル兼サブの dynabook SS RX1/T7AのHDDのSSD化を進めていきます。
c0039153_123172.jpg
Intel 530 Series 【SSDSC2BW120A4K5】と SATA-USB 3.0変換ケーブル【USB-CVIDE3】を開封。

c0039153_123549.jpg
SSDの裏面。

c0039153_1231081.jpg
SSDにSATA-USB 3.0変換ケーブルをセット。PCにUSBコネクタを挿す → ACアダプタのジャックをSATA-USB 3.0変換ケーブルに挿す → ACアダプタをコンセントへ → SATA-USB 3.0変換ケーブルの電源スイッチオン。

c0039153_1231519.jpg
SSDが接続されました。

c0039153_283545.jpg
コンピューターの管理 → ディスクの管理からマウントしてフォーマットしましょう。

c0039153_1231989.jpg
フォーマット中。 ∠( 'ω')/

c0039153_284053.jpg
フォーマットが完了したら、EaseUS Todo Backup でHDDのクローンを作成。1.5時間かかったので今日はここまで。RX1をバラして換装するのは明日以降に。
[PR]
by pico-r | 2014-12-08 23:55 | コンピュータ

by pico-r