三日坊主。

dorio.exblog.jp

ドリ男@隠居中。友と語れ、友とぶつかれ。

月面撮影。

 デジタルカメラの F900EXRとデジタルビデオカメラの W870Mの静止画撮影機能で月面を撮り比べてみました。撮影はそれぞれ三脚で固定しています。

c0039153_20492013.jpg
まず F900EXRの光学20倍。焦点距離は35mm換算で約500mm。記録画素数は4608×3456pixでJPEG FINE。ISO感度 100。これを約10分の1の460×345pixにリサイズして、右回転。

c0039153_20492996.jpg
F900EXRの光学20倍×デジタルズーム3.4倍。35mm換算で約1700mm。記録画素数は4608×3456pixでJPEG FINE、ISO感度 100を約10分の1の460×345pixにリサイズして右回転。光学20倍と比べて色味が黄色くなりましたが、ホワイトバランスの関係ですかね。

c0039153_20493781.jpg
W870Mの光学20倍。35mm換算で約612mm。記録画素数は6528×3672pix。JPEGで画質とISO感度の設定はありません。約10分の1の650×366pixにリサイズして右回転。記録画素数はこちらのほうが大きいですね。


上記3枚の画像を560×747pixでトリミング。

c0039153_204951100.jpg
F900EXRの光学20倍。上を見たらキリがないですが、Web用には十分な解像度かと。

c0039153_2050342.jpg
F900EXRの光学20倍×デジタルズーム3.4倍。若干デジタル処理感が強いのが分かります。

c0039153_20502647.jpg
W870Mの光学20倍。ピンボケしてる感じですし、ノイズも多いですね。
[PR]
by pico-r | 2015-08-01 23:36 | コンピュータ

by pico-r