三日坊主。

dorio.exblog.jp

ドリ男@隠居中。友と語れ、友とぶつかれ。

PC復旧。

 昨日、起動しなくなったPC。( ̄▽ ̄;  DPI533のマニュアルを読むと、+3.3Vは35~40A、+5Vは40~45Aが望ましいと!(@@;)  KAD550AS SLIは、+3.3Vは30A、+5.5Vは36Aなんですが…。( ̄▽ ̄;  +12VがダメでHDDが動かなくなった時もそうでしたが、元気なときはちゃんと動いてても劣化してくると使えなくなるのが電源。元々ギリギリ…ってゆっか、推奨値より下(苦笑)のスペックで動かしていたので、これが元凶である可能性DAI。とりあえず、カカクドットコムで勉強。+3.3Vが35~40Aで、+5Vが40~45Aなんて電源ないぢゃん。( ̄▽ ̄;

物色する事1時間、EVER GREENのSilentKing5 の500Wが唯一探していた範囲内で、+3.3Vが35A、+5Vが40A。他メーカーの550Wとか600Wとか、700Wでも+12Vラインは強化されていて20~22Aとかになっているものの、+3.3Vが30Aとか+5Vが35Aくらい。+3.3Vが30Aでも、+5Vも30Aとか、微妙に手が届かない。(^_^;  SilentKing5 500Wは、+12Vラインが16A+18Aと他のものより微妙に弱い気がしますが、とりあえずコレしか無さそう。ENERMAXあたりなら該当の電源がありそうでしたが、ちょっと意外でした。

下調べ完了後、ZOAで物色。パッケージの性能表を見ながら現地調査。電源コーナーを一周すると…おお! SilentKing5の500W発見! ZOA偉ゐ!!ヽ( ^ー^)人(^ー^ )丿  ただこの電源、ESP 12Vコネクタがない。なので、ATX 12V → ESP12V変換コネクタも購入。¥6.980k+¥0.48k。ポイントが4,851あったので、現金払いは¥2.6kくらいでした。

帰宅後、まずは筐体内や廻りのホコリを掃除機で清掃。旧電源を外す。新電源のM/B用24PinとATX 12VをESP 12Vに変換したコネクタをM/Bに接続。で、元電源を入れ、電源ボタンを押してみる。おお! LEDが正常に点灯している。へ( ̄▽ ̄へ)(ノ ̄▽ ̄)ノ  グラボやらHDDを繋いでいないので、一旦電源を落として全部接続。電源スイッチをオンして電源ボタンを押す。「ピポっ♪」 BIOSが立ち上がる。復旧作業時にCMOSクリアをしたので、BIOS設定画面に入って再設定。そのあと正常にWin起動。いやー、M/BだったらCPUやらメモリやらも交換だなぁと思ってましたが、電源交換で直って良かったです。ε=(^o^;)

シリアルATAの電源コネクタ4つがムダなので有効利用したいのですが、こんな素晴らしい変換ケーブルがありました。シリアルATA電源 → +12V 4P x2です。シリアルATA電源は2系統で4つなので、この変換コネクタを1系統に1つ装着してHDDなどを繋ごうと思います。

最近何かとトラブルの多い電気系。携帯からはじまり、愛車、携帯2回目、PCと、この負の連鎖はいつ終わるのでしょうか…。(^_^;;;
[PR]
by pico-r | 2007-09-15 23:55 | コンピュータ

by pico-r