三日坊主。

dorio.exblog.jp

ドリ男@隠居中。友と語れ、友とぶつかれ。

パワステホース交換(Left Section)【126,797.9㌔㍍】

c0039153_10465163.jpg パワステホース交換の後半戦。今日作業をするつもりではなかったのですが、お尻を叩かれて半強制的に…。(^_^;
c0039153_137466.jpg
今回交換するのはこの3本。リザーバータンクの下に繋がっています。見た目は滲んでいるだけですが、下から覗くとパワステフルードの雫が見られます。( ̄▽ ̄;  まぁ、E/Gルーム向かって左側のときの惨劇ほどではないですが…。(^_^;

既にバラしはじめてしまっていますが、リザーバータンク下のホース&チューブを交換する場合は、エアクリーナー回りのサクションパイプの外しが必要です。あっしはメタルフローなので大した事はなかったですが、純正のエアクリBOX付だとちょっと大変かな。そのあと、リサーキュレーションの三ツ又パイプを外して準備完了。
c0039153_1375851.jpg
で、交換済み。作業中に写真を撮っている余裕はありません。(^_^;;;

手前の太いホース【49717-05U00】は、まずリザーバータンク側を差し込んで、パワステポンプ側を力を込めて押し込みます。結構大変でした。( ̄▽ ̄;

真ん中のホース【49725-05U07】は、タンク側を固定したあとリフトアップして下側をチューブと繋ぎます。今回もホースバンドはネジ式ではなくクリップ式【49729-2J001】にしています。

奥のホース【49721-05U05】は、チューブと一体ですので、まず下側のチューブを固定した後にタンク下を固定します。
c0039153_1381154.jpg
このチューブを交換するのが今回の作業の山場。手の入りにくい狭い場所にナット留めがあるので、手探りでの作業になります。右側はパワーステアリングシリンダーに、左側はリザーバータンク下に繋がっています。

交換後、純正のパワステフルードとPower Steering BOOST 【NC-210】を注入したあとある程度エア抜き。あとは実走行でエアが抜けていきます。

インプレ。特にどうのこうのという事はないのですが、フルードに加わる圧が逃げて滲む事がなくなったからでしょうか、微妙にステアリング操作が軽くなった気がします。漏れたフルードを洗浄するため、温水ジェットでエンジンルームや下回り、加えてリアデフのオイル漏れ付近もキレイにしたので、気分的にもスッキリです。(*´∀`*)
[PR]
by pico-r | 2008-03-04 23:55 | BNR32

by pico-r